【2018年決定版】角栓取りシートはNG!家にあるモノで鼻の黒ずみや角栓を取り除く方法5選

鼻の頭に浮き出た黒ずみ…これは角栓と呼ばれるもので、ケアの仕方を間違うと毛穴のが開いてしまッタリ、炎症を起こしてしまったり、と取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。今回はそんな黒ずみの悩みを解消する方法を紹介します。

鼻の黒ずみ・角栓で悩む人は多い

角栓取りシートのリスク

高い吸着性により、毛穴に詰まった汚れや角栓を根こそぎ取り除くことができますが、同時に必要な肌表面の角質や油分、水分をも除去してしまいます。毛穴パックを頻繁に使えば使うほど、毛穴を刺激するので毛穴サイズが大きくなってしまうということもいわれています。「角栓が抜けた後の毛穴が閉じない」なんて深刻な状態に陥ることもあります。

黒ずみ・角栓の解消方法

オリーブオイル

オリーブオイルを使って軽くオイルマッサージをした後に、洗顔をすると角栓が綺麗に取れます。オリーブオイルには保湿効果もあるので、乾燥肌の方にも効果的です。

オロナイン

オロナインを塗った上からラップをして、湯船に浸かったり、ホットタオルで温める。毎日お風呂前と寝る前に取り入れることで、徐々にですが、確実に鼻の黒いぶつぶつが目立たなくなっていきます

レモン

レモンの汁を絞ってコットンに含ませ、鼻の頭やアゴなど、角栓が気になるところに置きましょう。レモン汁には肌の漂白効果があり、含まれているクエン酸には古い角質を除去する効果もあります。レモン果汁として販売されているものを使ってもいいですが、自然のレモンを絞って使った方が安心です

トマト

トマトにはポリフェノールの一種のリコピンという抗酸化成分がありビタミンEの20倍程度の抗酸化力があります。小さめのトマトを半分に切り、切り口を顔に優しくすりつけてみましょう。トマトの汁が十分に肌にいきわたったら、約5分間置き、その後水で洗い流してください

重曹

事前に水と合わせておいた重曹を、小鼻や頬の気になる部分にのせて5分程放置するだけ。ぬるま湯で重要が肌に残らないようにしっかり洗い流します。重曹は、水に溶かすとアルカリ性になるため、古い角質を除去するピーリング効果がある

黒ずみ・角栓の予防方法

バランスの良い食生活

偏食が続いたり、野菜を食べずにお肉や揚げ物などの脂っこい料理ばかり食べていると皮脂が通常よりも多く分泌されます。皮脂が過剰に分泌されてしまうことで、毛穴の中に常に皮脂が溜まってしまっている状態になり、毛穴が詰まりやすくなって角栓ができてしまいます。角栓を予防するためには、野菜類や海藻類をしっかりと摂取することを心がけましょう

肌の乾燥も角栓の原因

乾燥(うるおい不足)は角栓が詰まる大きな原因です。乾燥してしまうと肌が皮脂を過剰分泌しようとするので、肌を乾燥させるのはだめで。保湿ケアの基本を見直してしっかりお手入れしていくと1か月程度で毛穴の黒ずみや角栓ができにくくなってきますよ。

丁寧な洗顔

鼻の毛穴の奥に残った化粧の残りや、汚れが角栓の元になってしまいます。角栓で毛穴をふさがないためにも、毎日のクレンジングと洗顔は必須です。毎日のクレンジングと洗顔は、適切な量を使用しないと汚れ落ちが悪くなり、毛穴詰まりの原因になることもあるので気を付けましょう。

合わせて読みたい記事

参考

人気パウダーファンデーションおすすめ商品ランキング10選【2017年版】http://at-beauty.tokyo