髪のくせ毛・うねりの原因とストレート髪の作り方【遺伝だけじゃない!】

うねってうまくまとまらない髪の毛。くせ毛のかたでさらさらストレートヘアに憧れているかたは多いと思います。しかし、日本人のほとんどは直毛だったはず。小さい頃は直毛だったのにいつの間にかうねってしまった方も少なくないのではないでしょうか。今回は髪のくせ毛の原因と改善策についてまとめました。

くせ毛のない髪の毛に憧れ

サラサラのストレートヘアに憧れてついついブローを頑張ってみたりするんですが、結局うまくまとまらずに落ち込んでしまうことってありませんか?くせ毛のない髪は光の反射が美しく、ツヤツヤにみえます。サラサラのストレートヘアに憧れて、いくらブローを頑張ってもうねうねとまとまらない髪。髪がうねるとスタイリングも思い通りにできず、気分まで沈みがちになってしまいますよね。うねり髪はなぜ出てきてしまうのでしょうか?原因を知れば対策方法も見えてきます。

2種類のくせ毛

髪のくせ毛には先天性のものと後天性のものがあります。先天性であればそれは遺伝ですが、一般的に、日本人の毛髪は92%が直毛と言われています。つまり、日本人のほとんどが先天的には直毛、ということを考えると、あなたが悩んでいる「くせ毛」の原因は、後天的なものである可能性があるかもしれません。

くせ毛の原因1

くせ毛の原因は頭皮の衰えによって起こる毛穴の歪みと言われています。頭皮は成長するごとに伸びていくので、子供の頃と大人になってからで髪のタイプが変わっていくのは自然のことです。しかし、成長しきってからの髪の変化は、頭皮の衰えによっても起こります。頭皮も肌と同じで、乾燥したりコラーゲンが減少したりすれば、かたくなり、シワができやすくなります。そして頭皮が硬くなると、それまでまっすぐだった毛穴がゆがんでしまいます。歪みのない毛穴からはまっすぐな髪の毛が生えてくるのですが、歪んだ毛穴からはクセのある髪の毛が生えてきます。

くせ毛の改善法1

頭皮をケアすることで毛穴のゆがみは軽減します。頭皮の毛穴が歪むのを防ぐには、お肌と同じように頭皮のエイジングケアが大切です。なので、肌を優しくケアするのと同じく、頭皮にも十分な潤いを保ちましょう。例えば、髪の毛と頭皮をキレイに洗った後には、しっかりと保湿・マッサージをする。肌をケアするのと同じです。頭皮も一日一回はマッサージすることで健康に保たれるんです。頭皮マッサージは最低1日1回、指の腹を使って、少し強めの力で行います。先に首や肩のコリをほぐしておくと、リンパの流れがスムーズになるので、さらに効果的です。耳を人差し指と中指ではさんで、上下に動かすと、頭皮全体に伝わって、固くなった頭皮も柔らかくなってスッキリ。頭皮をやわらかく健康に保つことで、曲がった毛包がまっすぐに戻り、クセが弱まることもあります。

頭皮のチェック

毛穴に余計なものが詰まっていませんか?シャンプーやトリートメントに含まれている添加物。皮脂、汚れが毛穴に詰まってしまうと髪にうねりが出る事があります。地肌に汚れや皮脂がたまった状態では、生え際に障害物がある状態ですから、いくら髪をまっすぐにしようと思っても、歪みはなかなかとれません。毛穴に余計なものが詰まっていると、まっすぐな髪が生えてくることができないのです。

頭皮ケアの習慣

頭皮ケアの基本は毎日のシャンプーから。基本はきちんと髪を洗うこと。そして、洗い終わったらすすぎを充分にしましょう。シャンプーの弊害の1つが、洗うほどに皮脂腺が肥大化して皮脂量が増えてしまうこと。洗浄力の強い石油系や石鹸系のシャンプーを使用すると、必要な皮脂まで取ってしまい頭皮が過剰に皮脂を分泌するようになります。取れば必ず再度分泌されるのが皮脂です。これを過剰に繰り返すと常に皮脂を分泌せざるを得なくなるので、ひどい脂症になっていきます。いきなりシャンプーを使わないで、髪についたちりやほこり、脂をお湯でできるだけ落とします。こうすることで、次のシャンプーで脂や汚れをしっかり落とすことができます。

また、たっぷりのお湯でじっくり丁寧にすすいでください。シャンプー剤が残らないように、たっぷりのお湯で丁寧にすすぎます。コンディショナーやトリートメントは、「軽く」ではなく、「十分に」すすいでください。シャワーだけでは流しきれないこともあるので、洗面器に入れたお湯や湯船に頭皮をつけるようにして洗い流すとよいでしょう。

弱酸性のシャンプーを試してみるのもいいかもしれません。今までアルカリ性のシャンプーばかり使っていたのであれば、試しに弱酸性のシャンプーを利用してみるのもいいかもしれません皮膚・毛髪は弱酸性ですが、アルカリ性の商品を使い続けることにより、アルカリ側に変化していきます。アルカリ性のシャンプーやトリートメントを使用していると、頭皮がアルカリ性に傾き、老廃物が出にくくなり髪を圧迫してクセ毛になる場合があります。若いうちは、皮膚・毛髪は元の弱酸性に戻ろうとする力を持っていますので問題はあまりありませんが、歳を重ねる毎に元に戻る力が弱くなります。人間の体は体内は弱アルカリ、皮膚は弱酸性とする事で排泄物を外へ出します。このことを考えると、排泄物をきちんと外に出すために、弱酸性のシャンプーを使うことがくせげ対策の一つといえます。

くせ毛の原因2

髪のダメージがくせ毛の原因になることもあります。髪のダメージと聞くと「パーマやカラーをしている方だけのもの」と思いがちですが、紫外線やドライヤーの熱、タオルドライ時の摩擦など普段の生活で髪は沢山のダメージを受けています。

くせ毛の改善法2

髪も肌同様に紫外線からガードするようにしましょう。帽子をかぶって太陽光から頭を守ったり、UVカットスプレー等を使ってガードしましょう。使う目安としては、髪の毛から15センチ程スプレーを離して、頭上でスプレーを1周する程度で十分。

またドライヤーの熱には注意しましょう。髪の毛を洗ったあとには、必ずドライヤーで髪の毛を乾かさなければいけません。そのとき、せめて10㎝は離してまんべんなくドライヤーをあてましょう。この際根元から乾かす様に心掛けると、クセや広がりを抑える事ができます。毛先はもともと乾きやすく、その分痛みやすいのでなるべく直接ドライヤーの風を当てないようにします。頭皮にも直接ドライヤーの風を当てないようにします。水分が奪われて乾燥してしまうからです。

そして、髪に優しいタオルドライを心がけましょう。お風呂から上がったら頭をタオルですっぽり包み、タオルの上から頭皮をやさしく押して頭皮の水分をタオルに吸収させます。タオルでゴシゴシと拭いたり、乱暴にもんだり、こすったりするとダメージヘアの原因になってしまいます。毎日のちょっとしたことを気を付けることで毛髪へのダメージが減らせて、くせ毛を防げます。

合わせて読みたい記事

参考

皆がオススメする「値段は高いけど大評判のシャンプー」人気ランキング5選http://at-beauty.tokyo

参考

美容師がおすすめするドライヤー人気商品ランキング10選【2018年版】http://at-beauty.tokyo