【もう悩まない!今日から始めて!】体毛を薄くするには秋冬が勝負!ムダ毛を薄くし、目立たなくする習慣!

綺麗女子にとっては特に気になる「ムダ毛」。そこで今回は、習慣で体毛を薄くし、目立たなくする方法を紹介します。

全女性の悩み

ムダ毛が生える理由

体毛(ムダ毛含む)は基本的に「大切なものを守る」ことが役割です。

猫や犬のように、元々、人間は長い毛に覆われていました。ですが進化するにつれ、肌に対する刺激や衝撃を直接受けることが少なくなりました。

そして、退化して薄くなっていき、今の体毛に行き着いたのです。

体毛を薄くする方法

処理習慣

剃る、抜くを極力避けることは大切です。上記の通り、体毛は体を守る働きがあります。なので、怪我をすると一時的に体毛が濃くなったりもします。剃る、抜く行為は確かに一時的にむだ毛をなくすことはできるが、同時に皮膚に刺激を与えている可能性があります。なのでできるだけ控えましょう。またムダ毛を剃ると、自然に生えた先の細い毛とは違い、剃った断面の平べったい毛がそのまま伸びて見えることになり、余計に濃く見えてしまうということもあります。

露出が少なくなってくる秋冬の今、ちょっと我慢して剃る頻度を少なくして見ましょう。

ホルモン調整

次に、女性ホルモンを増やしましょう。ホルモンは体毛ととても関係しており、女性ホルモンが増えると産毛が薄くなります。逆に男性ホルモンは体毛を硬化・増加させる作用があります。女性も男性ホルモンを持っているので、それが毛の濃さにかかわってくることはあります。

ではどうすれば女性ホルモンが増えるのか。それは大豆・納豆・豆乳・ごま・小麦・えんどう豆・アーモンド・カボチャ・アボガドを食べると女性ホルモンが増えるといわれています。意識的に食生活に取り入れましょう。

体温調整

基本的に、体を冷やさないことはとても大切です。冷えも体毛を濃くする原因の一つです。全身に生えているうぶ毛は、空気の層を作ることで断熱材の役目を果たしています。なので身体が冷えると、寒さから身を守ろうとしてうぶ毛が濃くなります。そういった意味で体を冷やさないよう日頃から気をつけましょう。

ストレス発散

ストレスがたまるとムダ毛がは濃くなります。それはストレスを受けることでも、男性ホルモンであるアンドロゲンが多く分泌されるようになるからです。特に睡眠不足や無理なダイエットなども気をつけましょう。

自分なりのストレス発散方法を見つけて、ストレスが表に体毛として出てしまう前に発散することが大切です。

合わせて読みたい記事

参考

【必見】ずっと嫌いだった脚を「美脚」に変えた芹那の美容法http://at-beauty.tokyo

参考

髪のくせ毛・うねりの原因とストレート髪の作り方【遺伝だけじゃない!】http://at-beauty.tokyo