【足のニオイ】原因はこれだった?毎日洗ってるのに足が臭くなる5つの習慣

目次
■ 足のニオイの原因: みんな実は悩んでいる
■ 足のニオイの原因: 足の裏の角質ケアが不十分
■ 足のニオイの原因: 足をきちんと乾かしていない
■ 足のニオイの原因: 靴のサイズが自分にあっていない
■ 足のニオイの原因: ストレスが原因でよけいに汗をかいてしまう
■ 足のニオイの原因: お気に入りの靴をヘビロテしてしまう


毎日きちんと洗っているはずなのに、靴を脱いだ瞬間に立ち昇るあの嫌な臭い…。そもそもどうして足ってあんなに臭くなってしまうのでしょうか?臭いの原因を知って、足のニオイ対策に役立てましょう。

毎日洗っているのになぜか靴を脱ぐと臭う…

毎日きちんと洗っているはずなのに、靴を脱いだ瞬間に立ち昇る嫌なあの臭い…。

靴を脱いだ瞬間、モワァーっと立ち昇ってくる足のニオイ。

毎日お風呂に入って石鹸で洗っているのに、足のニオイが強烈だったら、泣きたくなりますよね。

特に、ジメジメした梅雨の時期や暑い季節になってくると足も蒸れやすくなり、臭いが発生しやすくなります。

そもそもあなたの足が臭くなる原因ってなんだと思いますか?

足が臭くなる要素をまとめて見てみましょう。

みんな実は悩んでいる

足の裏の角質ケアが不十分

足の裏を見てください。
かかとの角質がびっしり!なんてことになっていませんか?

古い角質は雑菌のエサになるため、臭いの原因になります。

足のニオイの原因には角質が大きく関係しています。

人間の足裏には角質が形成されていて、現代人のそれはハードワークや激しい運動によりさらに分厚く成長しています。

足の裏のかかと部分の角質が、白く硬くなっているという人は、もしかしたら角質が原因で足のニオイが強くなっているのかもしれません。

古い角質は雑菌のエサになります。最適な環境を見つけた雑菌はみるみるうちに繁殖することでしょう。

古い角質は、足の表皮に棲む表皮ブドウ球菌や、コリネバクテリウムといった細菌の餌となります。

日中、空気の流れの無い靴の中の環境と、汗でふやけて程良く食べごろになった古い角質は、細菌を増殖させる最適な環境

これらの細菌が汗と一緒に流れ落ちた古い角質などの成分を分解し、あの嫌な臭いを発生させるわけです。

「角質ケア」で古い角質をきれいに取ってツルツル、スベスベ美脚になりましょう。

足をきちんと乾かしていない

どんなに足をキレイに洗っても乾かさなければ、それは蒸れの原因に。

足が蒸れると雑菌は繁殖します。

せっかく足を念入りに洗っても、乾ききらないまま靴下やストッキングを履いてしまえば、足は蒸れ、雑菌が繁殖してしまいます。

雑菌は湿度が高い場所を好むため、足が蒸れていると、雑菌が繁殖してしまうのです。

指と指の間を丁寧にふきとり、カラッと乾燥するまで何も履いてはいけません。

なかなか乾燥しない場合は、うちわで扇いだり、ドライヤーの冷風で乾かすといいでしょう。

雨で濡れたときなどは、足をよく乾かしたうえで、新しい靴下を履きましょう。

靴のサイズが自分にあっていない

靴は自分にあったサイズを履かなければいけません。

サイズの合わない靴は通気性も悪く、発汗も促進するため臭いの原因になります。

靴が少しきつく感じても、そのまま無理して履いてしまうことはありませんか?

小さい靴だと、足が圧迫されます

靴の中では通気性が悪くなり、さらに、足に無理な圧迫感が加わるので、足の裏の汗が増えやすくなります。

靴が大き過ぎるのもNG

サイズの大きい靴は通気性がよさそうですが、実際は換気が悪く、ムレが解消されにくいんだそう。

靴のサイズが大きめであればいいのかというと、それもよくありません。

秘密は「靴のポンプ作用」にあります。

サイズが合った靴で歩いていると、足を踏み込んだときのポンプ効果で靴内の湿った空気が足と靴の隙間から外に押し出され換気されます

この働きによってムレにくくなり、ニオイを防ぐことができるのです。

ゆるめの靴は通気性がよさそうですが、ポンプ作用が働かず、換気が悪く、ムレが解消されにくいのです。

臭わない足を作るためには、歩きやすくて足にフィットする、通気性のよい靴を選ぶようにしましょう。

ストレスが原因でよけいに汗をかいてしまう

足のニオイを気にすることでさらに汗をかいてしまい、臭くなるという悪循環に陥ってしまうことも…。

足のニオイは、精神的なストレスも要因になる

例えば、休日家にいる時は全く臭わないのに、出社し仕事をしていると足のニオイが気になってくる。

清潔にしているのになぜか足が臭うという人は、ストレスによる「精神性発汗」が原因かも知れません。

ストレスによる精神性発汗で足が臭う場合は、気にしないことが1番の解決策です。

足のニオイが気になりだすと、益々プレッシャーとなり汗が出てしまいます。

また入浴をゆっくり楽しむなど、リラックスし、ストレスを溜めないよう心がけてください。

お気に入りの靴をヘビロテしてしまう

お気に入りの靴は毎日履きたくなるもの。

しかし、履いている靴が臭いのであれば足も臭くなって当然。

足のニオイのことを考えるのであればやめておいたほうが無難です。

靴がくさいのであれば、必然的に足もくさくなります

お気に入りの靴は毎日履きたくなりますが、足のニオイが気になる場合は要注意です。

2日以上続けて同じ靴を履くと、靴についた汗も乾かず、湿った状態が継続されやすくなるため、雑菌にとっては絶好の住み処となってしまう

仕事用などの普段履きの靴は3足以上用意して、ローテーションで履くようにします。

1日履いた靴は乾燥剤を入れて風通しの良い場所で2日間休めるのがベスト。

乾燥させることにより、靴で繁殖していた雑菌が死滅し、靴の中で雑菌が増え続けるのを防ぐことができます。

足のニオイの原因を取り除くことで臭わない人になろう

臭いの原因に心当たりがあったなら原因を取り除くことで、臭わない人になれるはず!

どんなにあなたが魅力的で素敵な靴を履いていても、「脱いだらくさい」では、せっかくの魅力も半減

座敷のお店での飲み会や、彼の家に遊びに行ったとき…など、足のニオイがしたらドン引きされてしまいますよ

きちんと足と靴をケアし、健康的で気持ちのいい毎日を過ごしましょう。